治療薬について

加齢とともに人間には様々な問題が生じてきます。年齢を重ねるとコラーゲン、たんぱく質、ヒアルロン酸の成分が減少の一途を辿るので肌に様々なトラブルが見られるようになります。しみやしわ、たるみはその代表的なトラブルと言えるでしょう。また肌だけでなく、髪の毛や頭皮にも様々な問題が生じるようになります。

髪の毛に艶がなくなり、まとまらず、扱いにくい髪の毛になります。また抜け毛が多くなったり、禿げが出来てしまったり、薄毛になるという事も見られます。こうした場合のヘアケアとして、しっかりシャンプーで頭皮を清潔にしたり、ブラシなどで軽く頭皮を叩いて血行を良くしたりするのも効果的です。

また食生活では良質なたんぱく質やヨウ素などを積極的に摂取する様にすると良いでしょう。たまごや海草などを食べるのも有効です。しかしこうしたヘアケアでは育毛や発毛に限界があるのも事実です。それは頭髪はホルモンとも大きく関係しているためであり、医療機関でヘアケアをすることも大事です。禿げや薄毛、抜け毛は内科でAGA治療を受けると良いでしょう。プロペシアと言った治療薬を処方してもらうと発毛や育毛が期待できるようになります。治療薬も保険適応で処方してもらうことができます。