足脱毛に行くときの格好

足脱毛には部位が細かく分かれているので、自分が施術を受けたい部位を選択する必要があります。サロンによって分け方はさまざまですが、膝から下、膝から上、膝、足の甲と指などに分けられていることもあります。

足脱毛の施術を受けに行くときの格好ですが、膝上までとなると一般的にはサロンで用意されているバスローブやガウンを用意してもらえることが多いのでどんな服装でも構いません。膝下脱毛などであれば、サロンによっては来店した時にミニスカートやショートパンツであればそのままの格好で施術を受けることができることもあります。しかし、ストッキングやタイツを着用している場合には脱がなければなりませんが、サロンについてから着替えなくてはならなくなるためにスムーズに施術に向かえるような恰好が適しています。

脱毛施術後は、肌が乾燥しないようにサロンでお手入れをしてもらえますが、それでも肌が敏感になっているために施術後のことも考えた服装で向かうのがいいでしょう。肌の露出が高い服装では、足脱毛後に自宅に帰るまでに紫外線を浴びたりと敏感になっている肌に刺激を与えてしまい、抵抗力が弱まっているので赤みやひりひりとした痛みが発生する可能性もあります。また、パンツスタイルであっても裏側の生地がちくちくとした素材なども避けるようにします。