カテゴリー別アーカイブ: 毛について

抜け毛を防止する為

日々のヘアケアのやり方次第で抜け毛の状態が違ってくることがあります。ですからいかに髪と頭皮に良いヘアケアを心掛けるかが大切と言えるでしょう。

抜け毛防止の為のヘアケア方法で大切なのはまず適したシャンプーを使用することです。人それぞれ合う合わないがあり、合っていないシャンプーですとたちまち頭皮環境も悪くなり抜け毛が多くなることがあるのです。そしてヘアケアの基本とも言えるシャンプーが合っていないようではその他のケアの効果も落ちますから注意しましょう。

シャンプー時の洗い方も重要なのですが、ポイントとしてはまず事前にクシ通しを行い髪の毛の絡みを解消すること、そして洗う時にはごしごしと擦り過ぎない、すすぎを行う時はしっかりと洗い流すといったことが大切です。抜け毛防止の為には正しい洗い方が求められますからポイントを押さえてシャンプーを行いましょう。

シャンプー後のヘアケアにも注意点があり、例えばドライヤーで乾かし過ぎるのは良くありません。頭皮を乾燥させますので9割程度乾かしたらあとは自然乾燥で十分です。なおドライヤー自体を使用せずに濡れたまま放置するのも良くありませんので、十分にタオルドライをしたら速やかに乾かすようにしましょう。

女性は美しくなりたい

女性は美しくなりたいと考えている人が非常に多いと言えます。それは美しくいるとそれだけで女性は様々なメリットがもたらされるからです。

就職活動で採用されたり、多くの男性にデートの誘いを受けるようになります。すると多くの男性から最も良い条件の男性と結婚することも可能になります。しかし女性は年齢を重ねると、次第に美しくなるどころか老化現象が見られるようになります。シミやしわ、たるみと言った肌トラブルや、抜け毛や禿げ薄毛と言ったヘアケアの悩みなども見られるようになります。特に薄毛や禿げは女性にとって深刻な悩みであり、ヘアケアをどうすべきか困惑してしまいます。

まずは、シャンプーをオーガニックにかえてみたり、指の腹でマッサージを心がけ血行を良くするなどのヘアケアを行うことが大事です。また頭髪はホルモンバランスとも大きく影響があります。そのため規則正しい生活を心がけ、食生活にも注意することが大事です。しかしこうした改善だけでは限界があるのも事実です。

そのためあまりに抜け毛が酷く薄毛に悩む場合には医療機関で薬を処方してもらうのも賢明な方法と言えます。内科AGA治療を受け、プロペシアと言う薬を処方してもらうと良いでしょう。多くの人に発毛が確認されています。

治療薬について

加齢とともに人間には様々な問題が生じてきます。年齢を重ねるとコラーゲン、たんぱく質、ヒアルロン酸の成分が減少の一途を辿るので肌に様々なトラブルが見られるようになります。しみやしわ、たるみはその代表的なトラブルと言えるでしょう。また肌だけでなく、髪の毛や頭皮にも様々な問題が生じるようになります。

髪の毛に艶がなくなり、まとまらず、扱いにくい髪の毛になります。また抜け毛が多くなったり、禿げが出来てしまったり、薄毛になるという事も見られます。こうした場合のヘアケアとして、しっかりシャンプーで頭皮を清潔にしたり、ブラシなどで軽く頭皮を叩いて血行を良くしたりするのも効果的です。

また食生活では良質なたんぱく質やヨウ素などを積極的に摂取する様にすると良いでしょう。たまごや海草などを食べるのも有効です。しかしこうしたヘアケアでは育毛や発毛に限界があるのも事実です。それは頭髪はホルモンとも大きく関係しているためであり、医療機関でヘアケアをすることも大事です。禿げや薄毛、抜け毛は内科でAGA治療を受けると良いでしょう。プロペシアと言った治療薬を処方してもらうと発毛や育毛が期待できるようになります。治療薬も保険適応で処方してもらうことができます。

AGAは病院で

抜け毛を防ぎ、美しい髪を保つ為には日々のヘアケアが必要不可欠ですが、AGAの症状が見られた場合には必ず正しい方法で対処することが重要となります。生え際や頭頂部が薄くなっていくAGAは、薄毛の代表的な症状のひとつですが、症状が進行していくという特徴がある為、対処法を間違えるとどんどん薄毛が目立ってしまうことになります。

そんなAGAのヘアケアにおいて最善の方法となるのが、病院に通って治療を受けることです。抜け毛が気になってきた場合、自宅で育毛剤や頭皮マッサージでのヘアケアに取り組む人も多いですが、AGAの解消の為には頭皮環境の改善だけでなく、原因となる男性ホルモンを取り除く治療が必要となります。

病院でのヘアケアは、当然ながらセルフケアよりも費用がかかりますが、AGAは正しく治療すれば高い確率で解消を期待することができます。初期段階でまだ大丈夫だろうと軽く見て治療が遅れてしまうと、後により高額の費用が必要となってしまうケースもあるので、少しでも抜け毛が気になったらまず専門医に診てもらうことがおすすめです。
薄毛の悩みはデリケートなものですが、近年では通いやすい専門クリニックも増えているので気軽に相談しましょう。

ダメージヘアの原因

髪が傷む原因は、パーマやカラーだけではありません。ドライヤーやシャンプーなど、日々当たり前のように使っているものにも、髪のダメージの原因は隠れています。髪の毛の傷みが酷くて悩んでいる人は、もしかしたらヘアケアの方法に問題があるのかもしれません。

髪の毛は、90%以上がタンパク質で、外側から「キューティクル」「コルテックス」「メデュラ」という3層でできています。1番外側のキューティクルが剥がれることで、指通りが悪くなったり、枝毛や切れ毛ができるといった、ダメージの原因へとつながります。キューティクルを壊さないようにするには、摩擦をおこさないことが肝心です。摩擦は、濡れている時にもっとも起きやすいとされてます。髪を洗う時、ゴシゴシ洗ったりしてませんか?髪を傷めずに洗うポイントは、ブラッシングと予洗いです。ブラッシングで、髪についたほこりやゴミを取ります。ブラッシングが終わったら、ぬるま湯で2~3分ほど予洗いを。これだけでほとんどの汚れは落ちてしまいます。シャンプーは、手のひらでよく泡立ててから洗います。直接髪につけるのは、余計な摩擦が起きてしまうのでNGです。やさしく揉むように洗ってください。

また、乾かし方にも注意が必要です。ドライヤーを長い時間同じ箇所に使用することは、髪を傷める原因になります。タオルで挟んだりして、ある程度乾かしてから、ドライヤーの使用を。

ヘアパックやヘアマスクなどの特別なヘアケアも効果的ですが、普段のちょっとしたお手入れでも髪は変わります。正しいヘアケアで、ダメージのない艶髪を手に入れましょう。

男性は皮脂コントロールを

男性の頭皮は皮脂量が多いため、女性よりも皮脂コントロールが重要となります。
皮脂というのは毛穴をつまらせる原因となり、育毛効果を下げてしまうのです。
ヘアケアの基本は正常肌を維持することであり、肌状態が悪く傾いているときはヘアケアが間違っています。
もしヘアケアが完璧なのに頭皮状態が乱れてしまう場合は、生活に問題があると考えるべきでしょう。

男性は女性よりも油っぽい食事を好む傾向があるので、脂肪の経口摂取が多いと言えます。
そのため頭皮もオイリーになりやすく、脂漏性脱毛症のリスクが高いのです。
ヘアケアの基本は皮脂をスッキリと落として、それから十分な保湿をすることです。
保湿対策が不十分だと、オイリーを促進するので注意しましょう。
過度の乾燥は皮脂分泌を逆に増やすという結果になるため、乾燥には十分に注意してください。

男性におすすめのシャンプーは、男性用のスカルプシャンプーです。
敏感肌の方には低刺激のアミノ酸シャンプーもおすすめです。
頭皮に刺激を与えずにケアすることは、頭皮状態を安定させることにつながります。
ダメージの大きいヘアケアを続けると、ダメージが飽和状態になったときに肌トラブルとなって現れてしまうのです。